カテゴリー別アーカイブ: 未分類

チンチン電車久しぶりの162





今日久しぶりに、阪堺電車の、162号見た(^-^;子供のころ五寸釘を(;’∀’)線路の上の、置いてぺっちゃんこのして、遊んだ、駅員さんに、よく怒られて逃げたの、思い出しました。

年初の4日目が正月特別運行だ。住吉さんへの参拝輸送で車両もフル運転なので
短時間で概ね運用電車を見ることが出来る。

あびこ前が車両基地なので必ずゲットできる。
車両番号順に整理 アップしてみる

★モ161形

162号
1926年 昭和3年に南海電鉄が投入した車両だ。161〜170 が同年に川崎車輛で造られた。
平成26年9月の塗り替えで、昭和50年代に一部で施されていた緑一色の塗装に変更された。
天王寺からあびこ前間の折り返し運転
あびこ前到着


★上町線
当線の前身は、明治30年5月に設立された大阪馬車鉄道株式会社です。馬車鉄道とは、今日からすれば風変わりな乗り物といった印象を与えますが、その名が示すとおり軌道に乗った客車を馬が引っ張るというもので、当時としてはモダンな交通機関として脚光を浴び、全国各地でその姿を見ることが出来ました。
ところで、同社は設立から3年後の明治33年9月に天王寺西門前から東天下茶屋間を開通させたのを皮切りに、同年11月には上住吉、同35年12月には下住吉までと順次路線を延長していきました。やがて同社は沿線一帯の開発が進み乗客数が増えたことなどもあって、馬車鉄道を廃止し電化工事に着手しましたが、工事なかばの明治42年12月南海鉄道に合併、上町線とよばれるようになりました。電化工事は南海鉄道が引き継ぎ、翌43年10月1日に完成、同日から天王寺西門前~住吉神社前間の営業運転をはじめました。さらに大正2年7月、住吉神社前~住吉公園間の延長工事が完成、南海本線との連絡が可能になりました。その後同10年12月、天王寺西門前~天王寺駅前間を大阪市に譲渡、これによって同線の起点が現在の天王寺駅前となり、ほぼ今日の姿に近い状態になりました。

★阪堺線
明治43年3月に設立された旧阪堺電気軌道株式会社が阪堺線のおこりです。同社は片岡直輝氏らが発起人となって、大阪市~浜寺村間および堺市宿院~大浜間の2路線に電気鉄道を建設する目的で設立されました。 明治44年12月に恵美須町~大小路間、同45年3月に大小路~少林寺橋(現・御陵前)間、そして同年4月に少林寺橋~浜寺駅前間が開通、阪堺線の路線が完成しました。
こうして路線の完成をみた旧阪堺電気軌道は、競合する南海鉄道とはげしい旅客誘致競争をおこないましたが、やがて大正4年6月、両社は合併、南海鉄道の阪堺線となりました。

★戦中から今日に至るまでの上町線、阪堺線
時代が進み、昭和19年6月1日、南海鉄道は戦時中の企業統合政策により、関西急行鉄道と合併、社名を近畿日本鉄道と改称、上町線・阪堺線は同社の天王寺営業局の所属になりました。
戦後、上町線・阪堺線は同様に旧南海鉄道に属した鉄道線と一緒に、昭和22年6月に新発足した南海電気鉄道に引き継がれ、さらに昭和55年12月1日、阪堺電気軌道として再スタートを切ることになった。
 




ハッピーメール攻略(^-^;♡



クリックしてね(;’∀’)
↓↓↓

私もよく出会い系サイトで出会って遊んでいますが、よく使っているのがワクワクメールとハッピーメールです。ハッピーメールは有名な優良出会い系サイトですので、安心して使うことができてオススメです。口コミや評判を見ていくと「業者」に関するものがありましたが、しっかりと「出会えた」という声も多かったのがハッピーメール。ズバリ「業者と一般ユーザー」を見極める力さえあれば、遊び目的で利用しやすいとわかりました。

では何故そうした結論になったのでしょうか……。以下で評価の理由となった口コミ・体験談や、出会うために知っておくべきテクニックを紹介していきます。






アンケートでも出会い系・マッチングアプリ経験者1418人のうち、31%が「ハッピーメールを利用したことある」と回答。

Pairsに次いで2位という結果で、多くの人に利用される人気アプリなのは間違いないようです

また口コミでも「ハッピーメールは会員数が多い」という声も多く、中には50人以上と出会ったという猛者の姿も。

「国内最大級の会員数」が出会いやすい環境作りを後押ししていると考えてもいいのではないでしょうか。
アンケート結果では、男性の半数以上が「遊び相手探し」をと目的としていたハッピーメール。

アンケート対象となった全アプリの「遊び目的」の割合と比較すると、差は歴然。男女ともにハッピーメールを「遊び相手探し」として利用する人が多い結果になりました。
Yahoo!知恵袋『ハッピーメールってサイト、実際使ってる女の子いる?』
ハッピーメールの口コミ・評判を見ていく中には、業者などの悪質ユーザーに関する声も見られています。

実際ハッピーメールにログインすると、セクシーなプロフィール写真の女性ユーザーから「すぐに会いたい」「寂しい……」など、業者らしきメールが送られてくることも……。

ハッピーメールでは最大30人のオペレーター体制のもと、24時間365日パトロールを行ってるものの、業者は防ぎきれていないようです。

そのせいか「運営会社が信頼できる」を重視している人のハッピーメールの満足度は、全体の平均と比べ低め。完璧に業者を防ぎきれない運営に対し、不満と感じる人がいるのだと推測されます。
ハッピーメールにサクラはいる? 口コミでチェック
業者などの悪質ユーザーのみならず、出会い系・マッチングアプリを使う上で気になるのはサクラの存在。

ハッピーメールは「サクラはいない」と明言していますが、実際のユーザーはどのような印象を持っているのか口コミでチェックしていきます。

ハッピーメールでサクラを匂わせる口コミ
完全にサクラだと思います!!気を付けてください!!
Yahoo!知恵袋『この返信はサクラの可能性ありますか?』

しばらくメールをしてみて、外部サイトに誘導されたら恐らくサクラだと思います
Yahoo!知恵袋『ハッピーメールに詳しい人に聞きます』

上記のように「サクラがいる」のような口コミが見られました。

ですが口コミを詳しく見てみると、ほとんどが「サクラ」ではなく「業者」に関する口コミばかり。

「サクラ」と言う口コミは「他サイトへ誘導された」「すぐ会いたい」のような、業者の関するものがほとんど。

「サクラと業者」を同じ存在として扱うユーザーが、「サクラがいる」との口コミになってしまっているようです。
サクラと言うか、業者ですね。ポイントを使わせるための人ではなく、自らが運営している悪質サイトに誘導するための人たちです。そもそもサクラなら、わざわざ他のサイトで連絡を取ろうなんて言いませんよ。

Yahoo!知恵袋『「このサイトでメールやり取りしよう」と、LINEが来ました』

サクラ特有の「メールを長引かせる」といった口コミは見られず、むしろ「業者はいるけどサクラはいない」といった声が多く見られるほどでした。

メールで稼ぐキャッシュバッカーも、ほとんどいない

WEB版ハッピーメールでは、「男性とメールしたら◯◯円」のようなキャッシュバックのシステムが存在。サクラと同じくメールを無駄に長引かせて稼ぐのがキャッシュバッカーの手口ですが、そうした口コミは見られていません。

またメールの返信でもらえるのが20円分のポイントに対し、動画投稿では最大で300円分のポイントがもらえます。メールでは効率が悪く、キャッシュバッカーがメールの利用を嫌う環境になっているのがポイントです。

ハッピーメールにサクラがいる可能性は「ほぼゼロ」
口コミを見る限りでは、ほぼ「サクラはいない」といった印象でした。

また筆者の経験上、メールを無意味に引き延ばそうとするユーザーに遭遇したことはなく、サクラやキャッシュバッカーの存在は考えづらいです。
偽ハッピーメールからのメールに注意!
返還のお願いした業者の担当者から聞いたのですがハッピーメールというサイトはかなり有名なサイトで詐欺をやっているのは偽ハッピーメールらしいです。その偽ハッピーメールも3社くらいあるらしいです。

Yahoo!知恵袋『ハッピーメールという出会い系サイトで被害にあいました』

口コミ・評判でわかったハッピーメールに向いている人
アプリの良い所と悪い所をもとにして、「ハッピーメールに向いている人」の特徴を以下の3項目にまとめました。
・「遊び相手探し」が目的の人
・お金をなるべくかけたくない人
・地方在住の人
特徴に1つでも当てはまる人は、ハッピーメールとの相性は〇。利用をオススメできます。
向いている人① 「遊び相手探し」が目的の人
アンケート結果で男女ともに「遊び相手探し」の人が多いとわかったハッピーメールは、遊び目的に向いていると言えるでしょう。



恋人探しをしている人も多い分、目的が異なる人とのミスマッチの可能性もありますが、相手探しの段階で気を付けておけば問題はないでしょう。
向いている人② お金をなるべくかけたくない人
プロフィール閲覧を無料で行えるハッピーメールは「お金をかけずに出会いたい人」に最適なアプリでしょう。

メール送信や掲示板への書き込みは優良アプリの中では平均的なものの、アプリ全体で見ればかなり安い部類。また料金定額制のものに比べて安く出会いやすいのもうれしいポイントです。
向いている人③ 地方在住の人
会員が少ないアプリの場合、人口の少ない地方在住の人は出会いづらいことがあります。ですがハッピーメールの会員数は、国内最大級の約1,600万人。

もちろん他アプリに比べ地方在住のユーザーも多く、出会いのチャンスを広げられるでしょう。







万引き家族(;^_^A






面白そう(;^_^A

映画『万引き家族』(公開中)が、ドイツで開催された第36回ミュンヘン国際映画祭のシネマスターズ・コンペティション部門で、外国語映画賞にあたるARRI/OSRAM賞を獲得したことが明らかになった。日本映画が同賞を受賞するのは初めてとなる。



 現地時間6月28日~7月7日に行われたミュンヘン国際映画祭。ドイツでは、世界三大映画祭の一つであるベルリン国際映画祭に次ぐ映画祭として注目されており、今年も同部門にはイ・チャンドン監督の『バーニング(英題) / Burning』、ジャ・ジャンクー監督の『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト(英題) / Ash Is Purest White』など、国際的に知名度が高い監督の話題作が選出された。
 その中で受賞を果たした『万引き家族』は、『誰も知らない』『そして父になる』などの是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作。『パルプ・フィクション』などで知られる女優のアマンダ・プラマーら審査員は、「主人公たちは、名前や自
分の役割を変え、自分の中の倫理やモラルを血縁家族や社会にとらわれないところで発展させる。『万引き家族』は、私たちに新たな可能性と希望を与えてくれた」と受賞理由を発表している。
 カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞、サンセバスチャン国際映画祭で生涯功労賞にあたるドノスティア賞に輝くなど、世界の映画祭で次々と快挙を達成している『万引き家族』。日本国内でも7月7日時点で興行収入34億円の大ヒットを飛ばしており、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林ら俳優陣の熱演も話題を呼んでいる。













ホリエモンロケット2号機が炎上、打ち上げ直後に落下(;^_^A




元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)の小型ロケット「MOMO」2号機が、打ち上げ直後に落下、炎上した。


 小型ロケット「MOMO」2号機の射場から約4キロ離れた有料観覧席には、多くの家族連れが集まり、打ち上げを見守っていた。
 午前5時30分、カウントダウンがゼロになり、ロケットのエンジンが噴射する赤い炎が見えると、「おー」と歓声が湧いていた。だが直後に炎があがり、「ドン」という爆発音が遅れて聞こえた。
 距離が離れているため、肉眼では炎しか見えず、観覧席からは「どうなったの」「いつ上がるの」と不安がる声が次々に起こり、その後沈黙の時間がしばらく流れた。
 射場の近くに置かれたカメラの映像では、機体は10~20メートル上昇した後、エンジンの燃焼が弱まってほぼ垂直に落下。地面にぶつかり、10秒足らずでバラバラになって炎に包まれていた。
 エンジンはエタノールと液体酸素を燃料にしており、延焼の可能性もあるため、午前9時現在で社員らの立ち入りができない状態が続いている。
 計画では、打ち上げから約4分で宇宙空間(高度100キロ)に到達し、そのまま弧を描いて太平洋上に落下する計画だった。




コーヒー飲んでたら(;^_^Aブルーザー ブロディ思いだした(;’∀’)





20080715221448


鶴田もブロディもジョー樋口ももういないんだな。
今見返してみると涙が出てくるなぁ。
ああ、この時代のプロレスが一番よかったなぁ。
この時代に戻りたいなぁ。
スポンサードリンク




この当時の超獣コンビはそれぞれでもずば抜けた実力があるのに、タッチワークが非常に速く、そしてどちらかが攻撃をされるとすぐにカットに入る、という戦術が目に見えてわかるが、馬場鶴田や鶴田天龍はコンビネーションを含めてそこが甘かったのが明白でした。ゆえに馬場・鶴田は超獣コンビにはまともに勝てた試しがなかった。

スポンサードリンク



藤吉久美子、不倫騒動を号泣謝罪 夫・太川に「こんな妻で申し訳ありません…」





一部週刊誌で大阪・ABC朝日放送の50代既婚プロデューサーとの不倫疑惑が報じられ、14日深夜に号泣しながら謝罪会見した女優・藤吉久美子(56)が、年内は“休養”することが15日、分かった。

【写真】苦笑いを浮かべて会見する太川陽介

 関係者は「当初から12月14日以降、年内は仕事は入っていなかった。今回の件で変更になり、休養することになったのとは違う。ただ本人の精神的な状態やこれから年内は新しい仕事が入ってくる可能性は低い」と説明した。



 実際のところ、藤吉よりも夫で俳優の太川陽介(58)の方が精神的ダメージやショックがはるかに大きいはず。不倫騒動で迷惑をかけた家族とともに“メンタル修復”しながら、藤吉は“疑わしき行為”を深く反省し、自己を顧みる年末となりそうだ。

 また事務所の移籍も報じられているが14日の会見では語っていない。関係者は「はっきりとした答はまだ出ておらず、本人とも話し合っている状態です」と、もう少し時間がかかるという。来年以降の所属先が落ち着かなければ、今後の芸能活動にも影響が出てくる可能性がある

スポンサードリンク








「怒りの感情をコントロールできず失敗」 「このハゲー!」豊田元議員が文句なしの1位







「怒りの感情をコントロールできず失敗」 「このハゲー!」豊田元議員が文句なしの1位 断トツの1位納得(;^_^A




松居一代第2位

安倍晋三第3位


少ないので明日から記事を!
毎日更新していきます。データを取り次第(;’∀’)
2016年度怒りをコントロールできずに失敗した有名人ランキング




元中日小松辰雄氏が人身事故 自転車の男性死亡




OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12日午後10時ごろ、名古屋市東区赤塚町の交差点で、同市千種区宮根台、元プロ野球中日投手で会社役員小松辰雄さん(58)が運転する乗用車が、横断していた自転車の男性と衝突した。男性は病院に搬送されたが、約10時間後、急性硬膜下血腫で死亡した。

 東署によると、現場は信号機と横断歩道のある交差点。小松さんは交差点を直進しようとしたところ、左から来た自転車と衝突したという。男性は30代ぐらいとみられ、同署は身元の確認を急いでいる。小松さんは仕事からの帰宅途中で、同乗者はいなかった。

 同署が小松さんから事情を聴くなどし、詳しい事故の状況を調べている。

 小松さんは1978年、ドラフト2位で石川・星稜高から中日に入団。中日のエースとして活躍し、通算122勝を挙げた。94年に引退した。







朝飯食べたら(;’∀’)ヤングおーお思い出した(;^_^A

懐かしいな(‘◇’)ゞ良く見に行った!!行った時ベッツイ&クリス出てたなぁ😢




概要
沿革
1969年7月3日に番組スタート。落語家の桂三枝(現:六代桂文枝)とMBSアナウンサー(当時)の斎藤努がパーソナリティを務めていた公開収録形式のラジオ番組『歌え! MBSヤングタウン』のテレビバージョンとして制作された[1]。当時は若者向けのテレビ番組がなく、この番組を「若者の“電波解放区”」と名付け、「彼らが興味のありそうなものを雑誌のように、ブロック構成で見せる」ことをはかり、多彩なコーナーを短時間で次々見せていく形式を作った[1]。初代司会は、三枝に加え笑福亭仁鶴が担当。すぐに横山やすし・西川きよしが加わった。初代進行役は斎藤が務め、のちにMBSのアナウンサーが歴代務めた
スポンサードリンク






スポンサードリンク




初代司会者の桂三枝(6代目)
1943年7月16日生まれ。大阪府堺市出身。
落語家、タレント、司会者、社団法人上方落語協会会長。上方落語の名跡『桂文枝』の当代で、前名は桂 三枝(かつら さんし)。
現在、同一司会者によるトーク番組の最長放送世界記録保持者として、記録更新中である。
初代司会者の笑福亭仁鶴
1937年1月28日生まれ。大阪市生野区出身。
落語家。
出囃子は「猩々くずし」または「だんじり」。妻は吉本新喜劇に在籍した永隆子。当たりギャグは「どんなんかな〜」。
1960年代から1970年代にかけては、月亭可朝や桂三枝(現:6代桂文枝)と共に、吉本興業の顔としてテレビ、ラジオ、映画、レコードに多数出演したほか、花月劇場チェーンへの出演と大活躍し、『ヤングおー!おー!』(MBSテレビ)を通じて全国区のタレントとなった。

スポンサードリンク




MBSラジオ ヤンタン50歳




中学生から高校生の頃よく聞いた(;^_^A
往復はがきで番組収録の参加募集で、当たり嬉しかった事思いだした(;’∀’)
友達とヤンタン!ヤングオーオ!良く見に行ったなぁ(;^_^A

 夜のラジオ番組「MBSヤングタウン」が今年、放送50年を迎えた。歴代のパーソナリティーは桂文枝さんや谷村新司さん、ダウンタウンら、そうそうたる顔ぶれで主に若者に人気を集めた。週6~7日の放送日は1999年から土日のみとなったが、土曜の明石家さんまさん、日曜の笑福亭鶴瓶さんが今も「ヤンタン」の看板を守る。MBSラジオは31日午後8時、過去の出演者らが半世紀を振り返る特別番組を放送する。



関西の若者の耳、引き寄せ
 放送開始は1967年10月2日(当初の番組名は「歌え!MBSヤングタウン」)。当時、各局は相次いで団塊世代の若者を狙って深夜番組を始めた。ヤンタンは、大阪府吹田市にあった毎日放送スタジオでの公開収録が支持され、すぐさま人気番組に。80年夏には谷村さんら出演の放送が7.7%というラジオ番組としては異例の高聴取率を記録した。

 81年から12年間、制作に携わった元プロデューサー、宇野幹雄さん(66)は「当時一番パワーのある番組を担当できてうれしかった」と振り返る。80年代半ばからテレビやFMラジオにリスナーが流れ、聴取率は低迷。だが、92年にはさんまさんが自ら手を挙げて番組に復帰、99年には鶴瓶さんも復帰した。他局の長寿番組が相次ぎ姿を消す中、大物2人の奮闘でヤンタンは存続した。他メディアと違い、ラジオ番組は語りだけが勝負。宇野さんは「ラジオのギャラは高くないし、毎週の放送で拘束される。2人が続けてくれるのは自分の芸にとり、どれだけ重要か分かっているからでは」と語る。

 31日の特番では番組草創期の文枝さんと当時アナウンサーの斎藤努さんのコンビや、71~84年に担当した笑福亭鶴光さん、角淳一さんのコンビらが出演。鶴光さんは今月上旬、大阪での番組収録後に「年を取るにつれ『こんなに多くの人に聴かれてたんやな』と分かってきた。いろんな偉いさんから『昔、ヤンタン聴いてました』と言われる」と語り、中高生らに絶大な人気を誇った往時の存在感をうかがわせた。
スポンサードリンク



スポンサードリンク