カテゴリー別アーカイブ: 大相撲

速報序ノ口・服部桜が89連敗でストップ 783日ぶり通算2勝目にネットも祝福🙌




序ノ口・服部桜が89連敗でストップ 783日ぶり通算2勝目にネットも祝福
よくやった(;^_^A勝ち越し目指して頑張れー

 「大相撲名古屋場所・3日目」(10日、ドルフィンズアリーナ)
 東序ノ口34枚目の服部桜(19)=式秀=が颯雅(15)=二子山=に勝ち、連敗を89で止めた。勝負結果は腰砕け。16年夏場所6日目の三番相撲で沢ノ富士(伊勢ヶ浜)を寄り切って初勝利を挙げて以来、783日ぶり2勝目となった。
 15年秋場所で初土俵を踏んだ。176センチ、80キロの細身の体。初勝利後は12場所連続で7戦全敗の場所が続き、史上ワースト連敗記録を更新し続けていた。


 16年の秋場所では錦城(九重)相手に戦意喪失し、自ら転んだり、尻もちを付き負ける無気力相撲が物議を醸した。
 今回の勝利も腰砕けとあって、豪快さには少し欠けたものの、勝ちは勝ち。入門以来、悲願の2勝目で連敗を89で止め、通算成績も2勝111敗1休とした。 この勝利に服部桜の相撲を見守ってきたファンは歓喜。脳科学者の茂木健一郎氏はツイッターで「ここまで通算成績が1勝111敗1休だった服部桜が、今日勝って、2勝目を上げたとのこと。凄い!89連敗から脱しました」と喜びツイート。その他にも「2勝目おめでとう」「諦めないことは勝つことより難しい」「1勝の価値を彼が教えてくれる」など祝福が相次いでいた。




現在88連敗中 服部桜(;^_^A2勝目目指せ




大相撲の連勝記録と言えば昭和初期の大横綱双葉山(ふたばやま)の69連勝というのが最高記録ですが、連敗記録の最高記録はこの服部桜の88連敗となっています(2018年五月場所終了時点)。
歴代二位の記録が最高位序二段の森麗(もりうらら)の32連敗だそうなので、これまでの大相撲の中でも特筆すべき弱さなんですよね。
だから彼が初めて勝利した通算23戦目での勝利では、本人よりも周りが喜んだと言われています。
現在はその勝利後88連敗で、2017年は未勝利でした。何か競馬のハルウララみたいですね。

現在88連敗中 服部桜



通算成績一勝
さて、ここまで読んでいただくとお分かりかもしれませんがこの服部桜、かなり弱いです。てか一勝しかしていません。
一応中学時代は陸上部に所属し、1500mなどの選手だったようなので、基礎的な運動神経はありそうですが、やっぱり体格的な問題でしょうか。
ここまで前相撲をのぞくと十六場所を戦ってきたわけですが、一勝しかしていないので当然十六場所連続で負け越しで、番付も序ノ口のままなんですよね。
そんな彼がデビュー四場所目でこのような対戦相手と戦わないといけないとなると妙に納得してしまうわけです。
2018年五月場所終了時点での通算成績は1勝110敗1休(前相撲を含むと通算十七場所)となっています。





若小山-服部桜/2018.7.8