長州力NHK大河デビューで“リキラリアート”熱烈オファー受け長州藩総督役 (;^_^A




リキラリーアートよりもスコーピオンデスロック見たかった(;^_^A
プロレスラーの長州力(66)がNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜、後8・00)に長州藩の総督役で出演し、大河デビューすることが1日、分かった。
 長州藩ゆかりの山口県出身で“革命戦士”の異名を持つ長州の起用が夢だった制作サイドから熱烈オファーを受けた。7月22日放送回で描かれる「禁門の変」を引き起こした重要人物に抜擢。過激な尊王攘夷派を率いた来島又兵衛(きじま・またべえ)役で戦場入りが決まった。

長州は「長いセリフもあり、無理だろう」と弱腰になったが、「この年齢でやったことがないことをやってみようかな」と自らを鼓舞した。セリフの叫び声は風呂場で練習。方言や鎧の重さに悪戦苦闘したが、劇中で“リキラリアート”を見舞い、迫力満点のシーンを完成させた。
 「『ラリアートして下さい』と言われ、そんなことまでして良いのかと驚いた。とても勉強になった」と大河の現場を楽しんだ。「プロレスラーがなぜ大河?と思う方もいると思うが、反応を聞いてみたい」と視聴者の声を心待ちにした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です