掛布氏、引退の理由明かす 「厳しい目から逃げた」 弱さを悔いる

掛布氏、引退の理由明かす 「厳しい目から逃げた」 弱さを悔いる

 掛布雅之2軍監督

 阪神の掛布雅之2軍監督(61)が24日、日本テレビ系「人生が二度あれば」に出演し、1988年に33歳で引退した理由を明かした。

【動画】ドラ1大山の“プロ初安打”を振り返る
goo.gl/m8zhYq

 引退から29年を経て、掛布2軍監督が自身の口で真相を語り始めた。

 「一番の理由ですか…。僕は5年続けて全試合に出場して、優勝もした。その翌年に手首を骨折した。それが引き金になったのは事実」。1986年4月、試合中の死球で左手首を骨折し、連続試合出場が663試合でストップ。これが大きな契機となった。

 しかし、掛布2軍監督はケガを直接的な理由とはせず、自身の“弱さ”を引退の一番の理由に挙げた。




 「良い時も悪い時も阪神の4番としてファンの前に立つのが、僕自身1つの目標だった。阪神ファンの方達は非常に厳しい目で我々の野球を見ますので、その厳しい目から背中を向けて逃げるということはゲームを休むこと。三振する姿もエラーする姿も、全てさらけ出すのが本当の4番。堂々とその義務から逃げられるケガなんですよ」

 阪神の4番という重圧から逃げたことで、掛布2軍監督は引退を決意した。

 「これはテレビで言ったことがありません。安心してしまった。あの厳しいバッターボックスに入らなくていいんだ。4番を務められるだけの強い精神力がなくなった時、7番は打てませんよね。4番としてユニホームを脱ぐべきだろう」と33歳の若さでバットを置いた。

 その経験から、去年7月にアキレス腱を断裂した阪神の西岡剛内野手には、ケガした当日、「お前、引退するつもりだろ?ケガを理由に辞めるな。後悔するぞ。自分が納得するまで続けろ」と電話で伝えたことも明かされた。


 また、最後に掛布2軍監督は「あの時に戻れるならば、引退するか、現役続行するか」の二択の質問を投げかけられると、「続けたでしょう。骨折をしても休まず、出続けたでしょう。何でそこで弱さを見せたと感じている。そうしないと、弱い掛布は目を覚まさない」としみじみと語り、当時の自身の弱さを悔いていた。






【阪神ホームラン集】ミスタータイガース★掛布雅之
ミスタータイガース・掛布雅之(24歳)*1979年(昭54年)「江川を打たなきゃファンに殺されてしまう」

掛布雅之 本塁打王 79 82 84
江川卓vs掛布雅之 (1979.8.14)
ミスター・タイガース掛布雅之、ホームラン集
【阪神ホームラン集】1985~1986ダイナマイト打線
【プロ野球 阪神タイガースグッズ】掛布雅之 復刻版ナンバージャージ(ホーム)
価格: 7,344円 レビュー評価:5.0 レビュー数:16
商品説明ショップ インパクトでしか購入出来ない、タイガースオールドファン垂涎の名品です!阪神タイガースOBのミスタータイガース!掛布雅之選手が1974?1975年度にホームゲーム(主に甲子園球場)で着用していたユニフォームのレプリカです。背番号の形は、写真でご覧頂けるように、1974?1975年当時のものではなく2005・2006年度のセ・パ交流戦の時のレプリカとなります。基本的には全て受注生産品となっております。商品のお届けまでの日数は3?30日を見て頂いております。●時期や工場の状況●メーカーに在庫があるかどうか、等により変わります。(ほとんどの場合2週間前後で入荷してきますが、最長30日
Supported by 楽天ウェブサービス


【特集】阪神 掛布雅之2軍監督~金本チルドレンを仕上げて1軍に送り込むその手腕~









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です