「ただちに帰国せよ」死の直前、金正男氏に迫った男たち

13日にマレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏が、昨年末から今月初めにかけて北朝鮮の国家保衛省(秘密警察)の要員や外交官の接触を受けていたと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。北朝鮮への帰国を促すためのものだったと見られるという。

拒否して暗殺命令

北朝鮮情報筋がRFAに語ったところによると、金正恩党委員長は国家保衛省に対し、海外にいる金正男氏を北朝鮮に連れ帰るよう指示を出していた。指示は、拉致などの強引な手段ではなく、自らの意志で帰国するよう説得せよというものだった。

これを受けて保衛省の要員は先月20日、マカオで金正男氏と接触し、金正恩氏の指示内容を伝えたが、金正男氏は「考えさせてくれ。考える時間が必要だ」と述べて、即答を避けたという。

それを聞いた金正恩氏は、金正男氏が身の危険を感じ米国や韓国に亡命するかもしれないと考え、暗殺を指示したのだろうと情報筋は述べた。

これは情報筋の見立てであり、証拠があるわけではない。たとえば韓国国内には、ある雑誌が放ったスクープが引き金になったという見方

金正男氏を死に追いやった「暴露スクープ」の中身

一方、RFAの別の対北朝鮮情報筋も、ラオス駐在の北朝鮮外交官が昨年末と今年初めの2回、金正恩氏の指示で金正男氏と接触を持ったと語っている。金正恩氏の手紙を渡すためだったという。

情報筋は「手紙の中身は不明」としつつも、北朝鮮への帰国を促すものだっただろうと推測した。しかし、金正男氏は明確な答えを出さず、亡命の動きを見せたため、金正恩氏が暗殺命令を出したものと見ている。

「喜び組」を暴露され激怒 「身内殺し」に手を染めた北朝鮮の独裁者


情報筋は「金正男氏が家族以外の誰と共に亡命を図ろうとしたのかについては、より具体的な確認が必要だ」とし、「金正恩氏の監視から逃れるのは難しいことをよくわかっていた金正男氏が、本当に亡命を計画したのかについても今後さらに調べる必要がある」と述べている。

いずれにしても、普通に考えて、幹部を容赦なく処刑している金正恩氏の元に帰るという選択肢は、金正男氏にはなかっただろう。「家族も一緒に」と求められていたのならなおさらだ。それは、海外に駐在する北朝鮮外交官たちにも共通する悩みでもある。

亡命した北朝鮮外交官、「ドラゴンボール」ファンの次男を待っていた「地獄」

金正男暗殺!その背景は?正男派筆頭!?竹田恒泰が故人を偲びつつ解説。。。|竹田恒泰チャンネル
【佐藤優】 金正男 暗◯でトランプは金正恩 暗◯を決断した!? くにまるジャパン 極 2017年2月17日
金正男氏の遺体 北朝鮮大使 引き渡し強く要求(17/02/18)
【宮家邦彦】 金正男 暗◯事件 米が北攻撃に動く条件 2017年2月17日
【北朝鮮】金正男のフェイスブックがとんでもない事になるww
金正男氏“暗殺” 逮捕の女は事件前に「大金所持」(17/02/17)
辺真一★金正男はなぜこのタイミングに暗殺されたのか?2017 2 15 #辺真一
金正男
衝撃!【河添恵子】金正男氏・暗◯事件の「真の黒幕」はあの国!?<2017年2月17日>【報道二郎・保守論NEWS】
父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)[本/雑誌] / 五味洋治/著
価格: 756円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容><商品詳細>商品番号:NEOBK-2011321メディア:本/雑誌発売日:2016/10JAN:9784167907198父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)[本/雑誌] / 五味洋治/著2016/10発売
Supported by 楽天ウェブサービス


オトす力 金正男の心を開かせた新聞記者の「知的仕事術」 (ワニブックス|PLUS|新書) (単行本・ムック) / 五味洋治/著
価格: 821円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>世界的スクープをつかんだ新聞記者の「取材力」には、仕事を劇的に変えるヒントが満載だった! 20万部突破のベストセラー『父・金正日と私 金正男独占告白』著者が、その取材過程で身に付けた「話す・聞く・書く・情報収集・メール術」の極意はもちろん、政治家、米CNN放送記者、調査報道の専門家、インタビュアーなどとのやりとりの中で学んだ貴重なメソッドを初公開!“使える”サイトや、金正男氏への取材のさらなる裏側も掲載。<収録曲>第1章 なぜ私だけが金正男氏に単独会見できたのか第2章 金正男氏の心を開か
Supported by 楽天ウェブサービス












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です