山根会長徹底抗戦


スポンサードリンク




日本ボクシングを再興する会が、日本ボクシング連盟の不正や山根明会長のパワーハラスメントについて訴える第2弾の告発状を用意していることが2日、明らかになった。同会は、先月27日に日本オリンピック委員会(JOC)、内閣府、文科省、スポーツ庁など、一般社団法人の日本ボクシング連盟に関係する6団体に告発状を提出、この8日に都内にて「なぜ今、私たちは立ち上がったのか。告発に至った経緯等を含めて説明したい」との理由で緊急の記者会見を開くが、日本ボクシング連盟の対応と告発状を提出した諸団体の動きを見ながら、第2弾の告発状を同じくJOC、内閣府、スポーツ庁など関係各位に追加で提出する準備を進めている。



 オリンピアンや各都道府県連盟の関係者333人による“勇気ある告発”によって、リオ五輪代表の成松大介選手のJSCからの助成金の不正流用や、“奈良判定”と呼ばれる審判の不正や、試合用グローブなど用品の不透明な独占販売の実態など、山根会長のトップダウンの形で行われている数々の“悪行”が暴かれ表面化した。
 一昨日、日本ボクシング連盟の幹部が、水面下で、日本ボクシングを再興する会へ和解協議の提案をしてきたことを筆者は報じたが、その後、協議に関する連絡は、途絶え、逆に山根会長が、テレビなどメディアのインタビューに答えて徹底抗戦の姿勢を打ち出してくるなど全面対決の様相と化している。

 日本ボクシングを再興する会は、あくまでもボクシングの将来を考え、日本ボクシング連盟のガバナンスの正常化により、現場の体制や環境が改善され、財務体質などが健全化することを求めている。
 だが、連盟サイドは、成松選手の助成金の不正流用以外は、まったく認める気配を見せず、連盟のホームページで反論を掲載、山根会長もテレビのインタビューで「全部ウソ」と真っ向否定するなど、対決姿勢を明らかにしている。事態の膠着化を恐れた再興する会では、最初の告発状では記載することができなかった新たな証拠を元に第二の告発状の準備を進めることになった。

 関係者によると第二の告発状は「山根明会長によるパワハラを中心にした内容になる」という。
 
 女子レスリングの伊調馨選手が、日本レスリング協会の栄和人前強化本部長によるパワハラを内閣府に告発、第三者委員会の調査によりパワハラが認定され、栄氏は辞任することになったが、現在、スポーツ界だけでなく、社会全体がこれまで見過ごされてきたパワハラを許さない流れがある。

 関係者によると「審判の不正に関するパワハラだけでなく、山根会長による、いくつものパワハラが存在していて動かしがたい音声データを証拠として、おさえてある」という。

 パワハラの証拠となる音声データには、パワハラというより“脅迫”とも捉えられるものが多く含まれており、山根会長が関係者に対して「殺すぞ!」と発言している決定的なものまであるという。
 パワハラだけでなく、一般社団法人としてのコンプライアンスの違反を認定できる証拠についても複数つかんでいる。第二の告発状は、その点を強調したものになる。

 日本ボクシングを再興する会が、現在、危惧しているのは、今回の告発が、ボクシング界全体へのイメージダウンにつながる点と、今後、山根会長の反論が一方的に垂れ流されることで、焦点がぶれること。そして完全否定をされているうちに責任が曖昧となり、この問題自体が風化してしまうことだ。

 告発状の第一弾では、不透明なお金の流れや、財務面での不正などを中心に訴え、パワハラ関連の事項は審判不正に関するものだけだったが、最も改善したいことは、審判の不正などを正して、日本ボクシング連盟のガバナンスが正常化され、子供たちが正しくボクシングに打ち込める環境を作ることにある。決して日本ボクシング連盟内の権力闘争などでもなく、スキャンダルで世間を騒がしてボクシングのイメージが損なわれることも本意ではない。8日の会見では、その告発に至った背景と動機を詳しく説明する考えだという。

 JOCは第三者委員会を立ち上げて調査に乗り出す姿勢を固めたようだが、助成金やオリンピック基金に関する不正が認定されれば、山根会長の責任問題は避けられないだろう。ボクシングを再興する会にも、アマチュアボクシング界の“ドン”の責任を徹底追及、退陣にまで追い込む不退転の決意がある

スポンサードリンク



スポンサードリンク



速報序ノ口・服部桜が89連敗でストップ 783日ぶり通算2勝目にネットも祝福🙌




序ノ口・服部桜が89連敗でストップ 783日ぶり通算2勝目にネットも祝福
よくやった(;^_^A勝ち越し目指して頑張れー

 「大相撲名古屋場所・3日目」(10日、ドルフィンズアリーナ)
 東序ノ口34枚目の服部桜(19)=式秀=が颯雅(15)=二子山=に勝ち、連敗を89で止めた。勝負結果は腰砕け。16年夏場所6日目の三番相撲で沢ノ富士(伊勢ヶ浜)を寄り切って初勝利を挙げて以来、783日ぶり2勝目となった。
 15年秋場所で初土俵を踏んだ。176センチ、80キロの細身の体。初勝利後は12場所連続で7戦全敗の場所が続き、史上ワースト連敗記録を更新し続けていた。


 16年の秋場所では錦城(九重)相手に戦意喪失し、自ら転んだり、尻もちを付き負ける無気力相撲が物議を醸した。
 今回の勝利も腰砕けとあって、豪快さには少し欠けたものの、勝ちは勝ち。入門以来、悲願の2勝目で連敗を89で止め、通算成績も2勝111敗1休とした。 この勝利に服部桜の相撲を見守ってきたファンは歓喜。脳科学者の茂木健一郎氏はツイッターで「ここまで通算成績が1勝111敗1休だった服部桜が、今日勝って、2勝目を上げたとのこと。凄い!89連敗から脱しました」と喜びツイート。その他にも「2勝目おめでとう」「諦めないことは勝つことより難しい」「1勝の価値を彼が教えてくれる」など祝福が相次いでいた。




万引き家族(;^_^A






面白そう(;^_^A

映画『万引き家族』(公開中)が、ドイツで開催された第36回ミュンヘン国際映画祭のシネマスターズ・コンペティション部門で、外国語映画賞にあたるARRI/OSRAM賞を獲得したことが明らかになった。日本映画が同賞を受賞するのは初めてとなる。



 現地時間6月28日~7月7日に行われたミュンヘン国際映画祭。ドイツでは、世界三大映画祭の一つであるベルリン国際映画祭に次ぐ映画祭として注目されており、今年も同部門にはイ・チャンドン監督の『バーニング(英題) / Burning』、ジャ・ジャンクー監督の『アッシュ・イズ・ピュアレスト・ホワイト(英題) / Ash Is Purest White』など、国際的に知名度が高い監督の話題作が選出された。
 その中で受賞を果たした『万引き家族』は、『誰も知らない』『そして父になる』などの是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作。『パルプ・フィクション』などで知られる女優のアマンダ・プラマーら審査員は、「主人公たちは、名前や自
分の役割を変え、自分の中の倫理やモラルを血縁家族や社会にとらわれないところで発展させる。『万引き家族』は、私たちに新たな可能性と希望を与えてくれた」と受賞理由を発表している。
 カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞、サンセバスチャン国際映画祭で生涯功労賞にあたるドノスティア賞に輝くなど、世界の映画祭で次々と快挙を達成している『万引き家族』。日本国内でも7月7日時点で興行収入34億円の大ヒットを飛ばしており、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林ら俳優陣の熱演も話題を呼んでいる。













現在88連敗中 服部桜(;^_^A2勝目目指せ




大相撲の連勝記録と言えば昭和初期の大横綱双葉山(ふたばやま)の69連勝というのが最高記録ですが、連敗記録の最高記録はこの服部桜の88連敗となっています(2018年五月場所終了時点)。
歴代二位の記録が最高位序二段の森麗(もりうらら)の32連敗だそうなので、これまでの大相撲の中でも特筆すべき弱さなんですよね。
だから彼が初めて勝利した通算23戦目での勝利では、本人よりも周りが喜んだと言われています。
現在はその勝利後88連敗で、2017年は未勝利でした。何か競馬のハルウララみたいですね。

現在88連敗中 服部桜



通算成績一勝
さて、ここまで読んでいただくとお分かりかもしれませんがこの服部桜、かなり弱いです。てか一勝しかしていません。
一応中学時代は陸上部に所属し、1500mなどの選手だったようなので、基礎的な運動神経はありそうですが、やっぱり体格的な問題でしょうか。
ここまで前相撲をのぞくと十六場所を戦ってきたわけですが、一勝しかしていないので当然十六場所連続で負け越しで、番付も序ノ口のままなんですよね。
そんな彼がデビュー四場所目でこのような対戦相手と戦わないといけないとなると妙に納得してしまうわけです。
2018年五月場所終了時点での通算成績は1勝110敗1休(前相撲を含むと通算十七場所)となっています。





若小山-服部桜/2018.7.8



山崎夕貴アナ、衝撃の新婚生活“赤裸々”告白に「行き過ぎ」の声も…




6月30日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、おばたのお兄さんと山崎夕貴アナの結婚生活の様子が明かされ、賛否両論を巻き起こしている。  「後輩の久慈暁子アナは、山崎アナが家事をまったくしないこと、さらには風呂で全身をおばたのお兄さんに洗ってもらっていることを暴露しました。  それについて山崎アナは「すれ違いの生活なので、お風呂くらいしかコミニュケーションを取る時間がない」と説明していましたが、ネットなどでは、女子アナがそこまでプライベートを告白する必要はないとの批判の声があがっています。  また、山崎アナはおばたのお兄さんの今の現状を“ちょうどいい”と言っていました。あまり忙しくなっちゃうと家事ができなくなってしまうという理由だそうです  山崎アナというと、セレブスポーツ選手と結婚する女子アナが多い中、微妙なブレイク度の芸人を選んだことで、好感度があがっていました。ところが、今回の赤裸々告白は少々行き過ぎという見方が大半です」(テレビ制作スタッフ)  しかし一方、バリバリ働く女性からは彼女の結婚生活をうらやましがる声も多いという。  女子アナの生態も時代も変わりつつあるようだ

山崎夕貴アナ、衝撃の新婚生活“赤裸々”告白に「行き過ぎ」の声も…  6月30日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、おばたのお兄さんと山崎夕貴アナの結婚生活の様子が明かされ、賛否両論を巻き起こしている。  「後輩の久慈暁子アナは、山崎アナが家事をまったくしないこと、さらには風呂で全身をおばたのお兄さんに洗ってもらっていることを暴露しました。


 それについて山崎アナは「すれ違いの生活なので、お風呂くらいしかコミニュケーションを取る時間がない」と説明していましたが、ネットなどでは、女子アナがそこまでプライベートを告白する必要はないとの批判の声があがっています。  また、山崎アナはおばたのお兄さんの今の現状を“ちょうどいい”と言っていました。あまり忙しくなっちゃうと家事ができなくなってしまうという理由だそうです  山崎アナというと、セレブスポーツ選手と結婚する女子アナが多い中、微妙なブレイク度の芸人を選んだことで、好感度があがっていました。ところが、今回の赤裸々告白は少々行き過ぎという見方が大半です」  しかし一方、バリバリ働く女 …

山崎夕貴アナの結婚生活の様子が明かされ、賛否両論を巻き起こしている「後輩の久…
✲ ⋆ ❄ ❅ ❇ ❈ ❖ ✫ ✪ ✩ ✬ ✭ ✰ ✹ ✷ ✶ ✵ ✳ ✱ ❊
✍ 山崎夕貴アナ、衝撃の新婚生活“赤裸々”告白に「行き過ぎ」の声も…  6月30日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、おばたのお兄さんと山崎夕貴アナの結婚生活の様子が明かされ、賛否両論を巻き起こしている。  「後輩の久慈暁子アナは、山崎アナが家事をまったくしないこと、さらには風呂で全身をおばたのお兄さんに洗ってもらっていることを暴露しました。  それについて山崎アナは「すれ違いの生活なので、お風呂くらいしかコミニュケーションを取る時間がない」と説明していましたが、ネットなどでは、女子アナがそこまでプライベートを告白する必要はないとの批判の声があがっています。  また、山崎アナはおばたのお兄さんの今の現状を“ちょうどいい”と言っていました。あまり忙しくなっちゃうと家事ができなくなってしまうという理由だそうです  山崎アナというと、セレブスポーツ選手と結婚する女子アナが多い中、微妙なブレイク度の芸人を選んだことで、好感度があがっていました。ところが、今回の赤裸々告白は少々行き過ぎという見方が大半です」(テレビ制作スタッフ)  しかし一方、バリバリ働く女 …










田中みな実、「anan」で“覚悟”のヌード披露!閉塞的局面を打開できるか




2014年にフリー転身した田中みな実アナウンサー。その後は大手芸能プロ・テイクオフに所属し、MCの他バラエティ番組での露出も増やしているが、ここへきて“切り札”ともいうべき大胆な話題作りを仕掛けることが判明した。今月発売の女性誌「anan」(マガジンハウス)で、手ぶらヌードを披露する予定なのだという。
田中みな実、「anan」で“覚悟”のヌード披露!閉塞的局面を打開できるか
「ぶりっこキャラから一転、TBS退社後は私生活をあけすけに話すぶっちゃけキャラへと変貌し、女子アナとしては今までにない存在となった田中アナ。相変わらずルックスはタレント顔負け、かつMC技術も持ち合わせているとあって、キー局時代以上に業界評は高まっています」

 しかし一方で、TBSを退社した理由が「10年後の立ち位置が見えなかった」だったことについて、いまだ自分の中でも消化しきれない部分があるようだ。3月3日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、田中アナは「(今後自分が)どうなりたいかわかりません!」などと悲鳴を上げていた。

「本人としても『タレントかアナウンサーか』という点で、いまだに葛藤があるのでしょう。メディアで『迷走中』とはやしたてられることもありましたが、タレントとしてより注目度を高めたいということで今回のヌードをOKしたとみられます。極秘裏に撮影された写真を見ましたが、豊満なバストを腕で隠したカットはまさに衝撃的で、これまでのイメージを一新するものとなっていました」



 芸能界においては、“切り札”ともいうべきヌード披露だが、やはり当人としても、現状を変えたいという意識があったのだろうか。

「そもそもタレントが脱ぐケースというのは、番組やCMからお呼びがかからなくなったことで、起死回生の手段として選ぶことがもっぱら。しかし田中アナの場合は、メインMCのレギュラー番組も持っているだけに、現在でも第一線で活躍中。話題性は抜群だし、これまでのイメージを覆す内容だけに、今後もこうしたオファーが殺到することは間違いありません」

 また、田中アナは一昨年出演したバラエティで、キー局時代は大きなバストを強調したくないあまり、サラシを巻いて仕事をしていたことも明かしていた。

「それだけプロ意識が強いということの表れで、今回も熟考を重ねた末に、ヌードグラビアという結論を導き出したことでしょう。これが単なる話題づくりで終わってしまえば、さらに激しい露出を展開しなければならないだけに、TBS退社と同じレベルでの“覚悟”が見え隠れします」

 近頃では“元局アナ”の看板を持ってグラビアに進出するフリーアナも続出中だが、果たして田中アナの“覚悟”は局面打開の一手となり得るのだろうか。







田中みな実、「anan」で“覚悟”のヌード披露!閉塞的局面を打開できるか

オウム真理教 松本死刑囚ら7人の死刑執行




遂に死刑執行、
23年まえか、まだ家庭持ってたなぁ...
法務省は、死刑の執行に向けて、13人いる死刑囚のうち、半数以上を別の拘置所に移送するなどして、執行に向けた準備を着々と進めていた。



松本 智津夫死刑囚、井上嘉浩死刑囚、早川紀代秀死刑囚、中川智正死刑囚までの死刑が執行された。

 地下鉄、松本両サリン事件などオウム真理教による一連の犯行を首謀したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われ、死刑が確定した松本智津夫死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=の刑が6日午前、東京拘置所で執行されたことが関係者への取材で分かった。ほかに複数の元教団幹部の刑も執行された。一連の事件で死刑が確定した元幹部ら13人の中で初の執行。上川陽子法相が命令した。
 1995年5月の逮捕から23年。犯罪史上類を見ない数々の凄惨な事件を首謀した教団トップは一審途中から沈黙し、事件の詳細を語ることがないままの執行となった。警察当局は後継団体「アレフ」などの警戒を強化する。





上川陽子法相は6日午後0時45分、法務省19階で記者会見し、冒頭でオウム真理教による一連の事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)=東京拘置所=ら執行された7人の氏名を読み上げた。続いて地下鉄サリン事件など松本死刑囚の有罪が認定された13事件などの概要を説明し、「過去に例を見ない、今後二度と起きてはならない凶悪な事件は社会を震撼(しんかん)させ、世界にも衝撃を与えた。とめどなく暴走を進め、犯行に及んだ」と述べた。執行について「被害者の苦しみは想像を絶するものがある。慎重にも慎重な検討を重ねたうえで命令した」と述べた。





半分、青い。 第81話 鈴愛が漫画家引退を宣言





毎日見てますよ(;^_^A見てから始まる毎日!大阪北部地震の時は、始まるの待ってたら、突然地震発生して、番組放送無かったの、おもいだした(;^_^A



永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」は4日、第81回が放送され、豊川悦司さん扮(ふん)する天才少女マンガ家の秋風羽織(あきかぜ・はおり)による、「最後の秋風塾」が繰り広げられた。これまで何度も熱い「創作論」を展開し、「リアルを拾うんだ。想像は負ける」「半端に生きるな。創作物は人が試される」「物語を作ることは、自身を救うんだ」といった珠玉の言葉を生み出していた秋風先生が、最後に語った言葉とは……。
 第81回では、自分の限界を悟ったヒロインの鈴愛(永野さん)がマンガ家をやめて、秋風ハウスを去っていく姿が描かれ、秋風先生は「お前は、お前たちは、ボクテや楡野や小宮は、私の人生を豊かにした……」「人間嫌いの私が、何とか、何とかお前を、何とかしたいと……」「そんなふうに、自分を見捨てないでくれないか。お前は、俺の弟子だ」と思わず本音を吐露する場面も。
 それでも鈴愛の意志が固いことが分かると、秋風先生が放ったのは「あなたはアイデアがとても良かった。言葉の力も強い。しかし、その……構成力のなさは、物語を作る力の弱さは、努力では補えない。マンガを、もう、やめたらいいと思います」との言葉。表現者としてある種の“真理”を突きつつ、そのゆっくりとした口調からは、鈴愛の肩の荷を下ろしてやろうという“父性”さえも感じさせた。鈴愛の身にどんなにつらいことがあっても「マンガを描け!」と背中を押してきた秋風先生とは正反対の姿がそこにはあり、豊川さんの名演と相まって大きな余韻を残した。
 その後、秋風先生は菱本(井川遥さん)を介して、自身のマンガ(実際はくらもちふさこさんの作品)「いつもポケットにショパン」「A-Girl」「海の天辺」の生原稿を鈴愛ら3人の弟子に送ると、オフィス・ティンカーベルを象徴する壁のイラストに三羽の鳥が羽ばたく絵と女性の左目に“涙”を描き、自分の気持ちを表現した。
 この秋風先生の行動は、もともとは台本になかったシーンといい、豊川さん本人の提案により実現。このときにとっておいたかのように“サングラスを外した姿”もお披露目され、視聴者からは「朝からうるっ」「朝からめっちゃ泣いた」「号泣」「今日こそ神回」などの声が上がった。
 「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。






あと一歩やった!2点先行して、ベルギー本気モードになって同点、カウンターくらってもうた(;^_^A




あと一歩やった!2点先行して、ベルギー本気モードになって同点、カウンターくらってもうた(;^_^A

◆W杯ロシア大会▽決勝トーナメント1回戦 ベルギー3―2日本(2日・ロストフナドヌー)
 歴史的1勝は、ならなかった。FIFAランキング61位の日本は、決勝トーナメント(T)1回戦で同3位のベルギーと対戦。後半3分にMF原口元気(27)=ハノーバー=が右足で先制ゴール。決勝Tで日本人初得点をマークすると、同7分にはMF乾貴士(30)=ベティス=が豪快なミドルで2点目。だが、その後2失点を喫すると、延長突入かと思われた後半ロスタイムにも失点し、2―3の逆転負け。初の8強入りを、目前で逃した。

 西野朗監督(63)は口を開いたまま、しばらく動けなかった。目の前には歓喜に沸くベルギー・イレブン。乾が、酒井宏が、人目もはばからずに泣いた。試合終了間際に失点し逆転負け。目前にあったはずのW杯8強の夢は、最後の数分で泡と消えた。指揮官は「W杯の怖いところでしょうか。追いつめましたけど、やっぱり何が足りないんでしょうね。本気のベルギーがそこにありました」とうなだれた。



 豪快に散った。だが、FIFAランク3位の優勝候補を、最後まで苦しめた。0―0の後半3分、MF柴崎が、センターサークル内からスルーパス。一気に駆け上がったMF原口が右足を振り抜く。狙い澄ましたシュートがゴール左隅に突き刺さった。ここまで守備に奔走し無得点だった原口が、W杯決勝Tでの日本人初ゴールを決めた。
 4分後にはMF乾が右足で豪快ミドルを突き刺した。しかし、壁はやはり高かった。猛攻に耐えきれず同24分に失点すると、5分後にも失点し同点に。延長戦が目前に迫った後半ロスタイムには、カウンターから失点した。
 指揮官は批判を恐れず、信念を貫いた。1次リーグ第3戦のポーランド戦(0●1)では1、2戦から先発を6人変更。終了間際、時間稼ぎのボール回しには批判が起きたが、主力を温存。全ては“3度目の正直”でW杯8強入りを果たすためだった。
 過去2回の決勝T1回戦は、ともに敗退。2002年日韓大会は当時のトルシエ監督が16強で満足し、前線の組み合わせを変更するなど采配が迷走。10年南アフリカ大会はメンバーが固定されており、選手が疲弊し力尽きた。西野監督は「両大会とも全てを出し尽くした感があり、チームに余力があったかどうか」と分析していた。
 第3戦の決断は、先人たちの経験を踏まえたからこそ。「3回目になって精神的な余裕もある。ベルギーはこれから(本当の)W杯が始まるぞと思っている。我々も精神的な面で同じレベルに立ちたい」。心身共にフレッシュな状態で挑んだが、一歩及ばなかった。
 ハリルホジッチ前監督の解任を受け、短い準備期間の中、常に冷静で、選手とのコミュニケーションを大切にして16強までチームを導いた。「最高の化学反応を起こしたい」と語った4月12日の就任会見から81日、西野監督のロシアW杯での挑戦は幕を閉じた。






「借金引退」の大嶺翔太、債権者が球団に“取り立て”も (;^_^A




何の借金やろわからんけど(-_-;)数百万やったら!!頑張って返せるのに❓

シーズン真っ最中の6月23日、千葉ロッテの大嶺翔太内野手(26)が、突然、引退を発表した。しかもそれが「借金による金銭トラブル」という前代未聞の理由だったため、球界は騒然となった。スポーツ紙記者がいう。
「借金は合わせて数百万円ほどだと聞いています。大嶺の今季年俸は1000万円。一軍の当落線上の選手ですが、井口監督は“ポテンシャルが高い”と期待し、今後の年俸アップも予想されていました。借金の額を考えても引退する理由が見当たらない」
 大嶺は引退を自ら申し出たというが、球団関係者によるとこんな背景があったという。
「彼の借金問題は今回が初めてではない。2年半ほど前、複数の債権者が球団に“取り立て”に来たそうです。球団は大嶺を注意したが、最近になってまた同じようなことがあった。しかも以前より事態が悪化していたのです。後輩からもカネを借りていた。さらに、同じくロッテに在籍する兄・祐太のグラブやチームメイトの野球道具、NPB使用球などが『メルカリ』や『ヤフオク』などのインターネットオークションサイトに出品されていたことも発覚したようです」



 球団はこう答える。
「借金の詳細はいえないが、(地下カジノなどの)違法なものではない。球団としては謹慎処分も考えていたが、引退の意志が固かった」(球団広報)
 大嶺は幼少の頃に両親が離婚し、兄とともに祖父母に育てられた。2006年には祐太がドラフト1位で、2009年には翔太がドラフト3位でロッテに入団。2015年5月の母の日に公式戦では初となる「兄弟同時スタメン」が実現し、投打のヒーローとしてお立ち台に上がった。
「きっと石垣島で喜んでくれているはず」と祖母への思いを語ったこともある。
 弟の引退について祐太は「兄として彼を見守っていきたい」というコメントを発表したのみ。石垣島の祖母を直撃すると、無念そうに「お話しすることは何もありません……」と俯くだけだった。
 同じく石垣島に住む父親は「祐太が3つか4つで、翔太が赤ちゃんの時に離婚したから、俺がどうこう言える立場にないけど……」と断りを入れた上で、こう話す。
「自分でこういうことを招いたなら、自分で責任を取らなくてはいけん。子供じゃないし」
──離婚してから翔太さんとは会っていない?
「石垣島はちっちゃいから、時々会うことはあります。その時に話はしたこともあるさ。プロ野球選手になってから1回は会ったんじゃないかな。私タクシー(の運転手を)やっているもんだから、偶然(タクシーに乗ってきて)会ったことがあって。話はするんだけど、うわべだけの話ですよ。『元気で頑張っとるか』とか、『調子はどうね』とか」
──お父さんだということを本人は認識していますか?
「(父親の)顔は知っとる。でもうわべだけの話しかできんよ。これから今回のことで相談に来るかもわからんし、全く来ないかもわからん」
──もし相談が来たら支援しますか?
「これは状況によってどうなるかわからん。各々の生活がありますから。もしこっちに何か相談が来た場合は対応をしようと思います、本人が相談にくる場合はね」